D90が観た画像  d90-17275

撮影地 東京都台東区浅草 隅田川
撮影日時 2017−7−29
作品のタイトル 雨の中の「2017隅田川花火大会」
作品の概要 第40回の隅田川花火大会、例年は95万人の見物者だが、開始3時間前に突然の雨降り、それでも、74万8千人が集まった。
打ち上げる花火の数は、第一会場(桜橋下流〜言問橋上流)で約10,300発第二会場(駒形橋下流〜厩橋上流)で約11,700発の合計2万2千発。
夜景撮影して有ります。 ⇒ 桜橋付近    ⇒ 厩橋付近

新宿のエイサー会場から直接来たので、19時開始の2時間前には浅草に到着していたが、雨降りなので、駅近くの「ミスタードーナツ」で雨宿り。
開始15分前に店を出たが、すでに道路はバリケードが張られ、「墨田公園には入れず」歩きながら花火鑑賞を強いられる。
隅田公園沿いの道路には高い建物が有り、さらに公園の高い木にも邪魔され、写真撮影も至難の技。
傘を持たずに、ビニールコートを着用しているので両手が自由に動くが、打ち上げ会場までは150メートルほどの場所では「見上げる花火」も写真撮影は、レンズを拭き拭き大変でした。
静止画はボツですが、動画は迫力満点です。・・・ただし公園の大木の梢越しです。

ところで、大混雑を覚悟してまで「隅田川花火」に来たのは次ぎなる理由があります。
-----------------------------------
写真同好サイトの「@写真集Link」に長年投稿していました。
一週間に投稿された写真で、最良の写真が選抜される。
ところが、2014年8月8日に投稿された「東京スカイツリーと隅田川花火」のコラボ写真が選ばれて以来、その作品を超える写真が出てきません。
下の2枚目の写真です。

その写真の構図を見つけ出そうと、下見に来たのですが、あいにくの雨降りと、墨田公園の入場規制で、夢が叶いませんでした。

浅草駅から歩き、一番遠くで撮影 振り返ると、道路の真ん中に  花火が開く
東京スカイツリーと打ち上げ会場を結ぶ 最悪のロケーションだが、第一会場と第二会場を 臨める場所で

   

   

    2009-9-19から、Nikonカメラの『D90』を愛機として、撮影を開始しました。   1999年のホームページ作成時からの作品集です。
画面表示のためのツールも技術習得の為にいろいろと取り込み、
数多くの技法を習得し、シリーズ作品集として、管理しております。