D90が観た画像  edojyo-071

撮影地 東京都千代田区
撮影日時 2017−1−2
作品のタイトル 江戸城の遺構・・伏見二重櫓と多門櫓
作品の概要 建物で江戸城の昔の面影を伝えるものは、わずかに残る櫓になります。
この二重櫓は、当時の西の丸の殿舎の西南隅に建てられたもので、左右には、かなり大きな多聞櫓(防御を兼ねて石垣の上に設けられた長屋造りの建物)も残っています。

江戸城築城の第二期(三代将軍家光の時)の寛永五年(1628年)に京都伏見城から移築したものと伝えられています。
別名で「月見櫓」とも呼ばれており、皇居で最も美しい櫓と言われ櫓の高さは約13.4メートルあります。

伏見二重櫓を撮影するには、1月2日に行なわれる「新年一般参賀」に参加するしか方法は有りません。
しかし、10万人が殺到するイベントのため、立ち止まっての写真撮影は禁止されており、歩きながらの撮影のため、人が写り込むのは止むを得ません。

   

    2009-9-19から、Nikonカメラの『D90』を愛機として、撮影を開始しました。   1999年のホームページ作成時からの作品集です。
画面表示のためのツールも技術習得の為にいろいろと取り込み、
数多くの技法を習得し、シリーズ作品集として、管理しております。

無料カウンター