D90が観た画像  d90-16004

撮影地 神奈川県川崎市夜光
撮影日時 2016−1−6
作品のタイトル 夜光の工場夜景と停泊船
作品の概要 川崎工場地帯の夜景スポットとして著名なのが「浮島町」、「千鳥町」、「夜光」が三大夜景地帯として工場夜景愛好家仲間では有名です。
前回は前者の2ヶ所を取材したので、今回は3ヵ所目となります。

陸上から眺める川崎工場夜景スポットの中において、工場夜景の全てが見られる唯一の場所がここ夜光地区です。

JR川崎駅で下車して、東口のバスターミナルから「川10 水江町」行きに乗り『池上町』で下車しました。
徒歩200mほどで、運河に出ました。

対岸の石油精製所は24時間稼動している事もあって一晩中輝きが途絶える事もなく、燃えるようなフレアスタック、メタリックな製油プラント、巨大な石油貯蔵タンク、激しく吹き上がる水蒸気など、たまらない光景が目前に広がっています。

運河の岸壁には全長30メートル級の船が30艘ほど停泊しており、エンジンが稼動しており、船内は灯りが点いています。
--------------------------
船から出てきた人に声を掛けたら、岸壁まで来てくれました。
船の本籍は岡山港、船のオーナーは長崎の人、船員は5名、そして話し掛けた人は、岩手の人・・・4年前の震災では目の前で死んだ人もいたとか。
昨年の11月からこの岸壁で停泊しているそうだ。
-------------
で・・・・、ここに停泊している船は、川崎港に寄港している大型の船に「A重油」や「C重油」を供給する為の運搬船だとの事。
例えは極論だが・・・判りやすく言えば、「移動ガソリンスタンド」のようだ。

   

   

    過去7年間、今日のお薦めの一品として、作成したものをジャンル別に紹介しています。   2009-9-19から、Nikonカメラの『D90』を愛機として、撮影を開始しました。   1999年のホームページ作成時からの作品集です。
画面表示のためのツールも技術習得の為にいろいろと取り込み、
数多くの技法を習得し、シリーズ作品集として、管理しております。