D90が観た画像  d90-15233

撮影地 東京都中央区  隅田川界隈
撮影日時 2015−10−9
作品のタイトル 隅田川夢現(ゆめうつつ) ・・ 万年橋之景
作品の概要 隅田川の右岸を歩いていると、「新大橋」と「清洲橋」の中間辺りの対岸(隅田川・左岸)に、ライトアップされた橋が見えた。

小名木川が隅田川に注ぐ川口(かこう)に架かる橋で、万年橋の北側には灯りが煌々としている場所が有る。
昔、松尾芭蕉が住んでいたところから「芭蕉庵史跡庭園内の芭蕉像」がライトアップされているものです。

江戸時代には、浮世絵師が好んでいた場所で、隅田川の向こうに富士を望む勝景の地として有名、その眺望の良さから広重、北斎の錦絵にも描かれています。
また、赤穂義士は本所の吉良邸から回向院に向かったが、受け入れを断られたために泉岳寺へ行くことにしたが、その途中で登城する大名に会わないようにする為、両国橋を避けて隅田川沿いに進み、「万年橋を通って永代橋」を目指したと伝承されています。

小名木川は江戸への物資輸送の重要な交通路、現在も船舶が通ります。
その為、橋は、 船舶の通行を妨げないように橋脚が高く造られています。

撮影していて、気になったのは、「赤信号灯と青信号灯」でした。
隅田川の増水時に備える水門で、1,2,3のゲートが有り、1灯が赤で、船の進入を禁止、2灯と3灯は青で船の乗り入れを許可している信号灯でした。

   

   

    過去7年間、今日のお薦めの一品として、作成したものをジャンル別に紹介しています。   2009-9-19から、Nikonカメラの『D90』を愛機として、撮影を開始しました。   1999年のホームページ作成時からの作品集です。
画面表示のためのツールも技術習得の為にいろいろと取り込み、
数多くの技法を習得し、シリーズ作品集として、管理しております。