D90が観た画像  d90-15162

撮影地 神奈川県松田町寄地区 「ほたるの里」
撮影日時 2015−06−19
作品のタイトル 山里・寄(やどりき)の「ほたるの里」
作品の概要 昨年は7月6日に訪れた際、ピークは過ぎていたようなので、今年はホタルの飛翔が早い傾向に有る為、本日は下見のつもり。

昨年、地元の方から、中津川右岸に「ビオトープ」が2ヶ所あると聞かされ、30メートル離れた対岸から15頭ほどの乱舞を撮影したので、18時半すぎに現地入りし、右岸のビオトープを探索した。
確かに、小川のような、池のような場所が3ヶ所ほどあった。
右岸の上流から散策道路に入ったが、草が生い茂り、雨の後なので、道もぬかるみ、階段には貯まった濡れ落ち葉が有り、暗くなったら、足元が危険のようだ。
さらに、不安を掻き立てたのは、「今日、放送で猿が出たから気を付けるようにね」と、駐車場近くの人に、声を掛けられた。
何処からか獣の鳴き声がする。
ぬかるみには鹿の足跡しかない。
右岸は動物たちの棲みかだ・・・・襲われたら、濡れ落ち葉で足元が危ないと判断して、引き返す事は止めにして、右岸を1kmほど歩き、やっと下流の橋(田代橋)の所にでて、車道の左岸を1km歩き、駐車場まで戻る事にした。

昨年の15頭の乱舞の場所は高さ15mほどの木々に囲まれ、暗がりだった。
仮に、ここで写真を撮っても意味無いだろうと、判断した。
左岸を上流まで戻る時には、その場所でもホタルも飛翔を始めた。
乱舞の場所には10頭ほどが飛んでいた。

下流までの車移動の時、散歩している人に出会った。
今度の週末に「ほたる祭り」があると言う。・・・明日の事である。

乱舞の場所まで再度歩くより、祭会場の「マス釣り場」なら、側に駐車場が有るので、歩かなくていいので、計画変更。
さっそく、マス釣り場に到着すると、すでに20頭ほどの乱舞が始まっていたので、撮影を開始した。
マス釣り場周辺では合計30頭以上が飛翔していた。
これなら、明日からの「ほたる祭り」も上々だろう。